ダイエット中にお菓子を食べる時のルールについて

ダイエットしている時に基本的にはお菓子はあまり食べない方がいいですね。でも、まったく食べないのではストレスが溜まります。そこでダイエット中にお菓子を食べる時のルールについて解説します。

 

お腹が満腹なるまで食べない

 

ダイエットしている時に、お腹が満腹なるぐらいまで食べるのはやめましょう。これは当然の事ですね。でも、お菓子はおいしいですから、ついついつまんでしまいます。そこでお菓子を食べ過ぎてしまうのを防ぐために、大きい袋に入っているお菓子ではなくて、個別包装されているものを選択しましょう。

 

眠る前の3時間以降は食べない

 

眠る前の3時間以降はお菓子を食べないようにしましょう。夜はゆったりとして過ごす事が多い時間ですから、エネルギーを使いません。このタイミングでお菓子を食べるとエネルギーが蓄積されます。これでは太ります。

 

GT値が低いお菓子を選ぶ

 

お菓子はGI値が低いものを選ぶと良いでしょう。GT値というのは食べ物を摂取した時の血糖値の上がりやすさを数値化したものです。ですからGT値が高いものは血糖値が上昇しやすくて、脂肪になりやすい事からダイエットしている時に食べない方がいいのです。

 

ダイエット中に食べるお勧めお菓子

 

まずは小岩井の生乳100%ヨーグルトです。ヨーグルトはGTの値が低い事に加えて、乳酸菌も含まれている事から、腸の調子を整える事ができます。次はたねやの寒天です。寒天ははカロリーが低くて食物繊維がたっぷりと入っています。腸内の調子も良くなり免疫力も高まりますから、美容だけではなくて健康にも良いのです。

 

寒天自体にはほとんどカロリーがないですから、蜜をかけても大したカロリーになりません。他にも冷凍フルーツのブルーベリーなどもいいでしょう。ブルーベリーはGT値が小さくて、ビタミンやミネラルの他にも食物繊維がたくさん入っています。さらにブルーベリーにはアンチエイジングに効果的なアントシアニンがたくさん含まれています。この事から美容にも効果があります。また、SOYJOYもいいですね。このお菓子は種類も豊富ですから、飽きにくいでしょう。大豆で作られているので、たんぱく質や食物繊維やイソフラボンなどが入っています。カロリーも高くないですし、GT値も低いです。コンビニで売っていますから、手軽に買えます。

 

ダイエット中には基本的にはお菓子はあまり食べない方がいいでしょうが、無理して我慢し続けると、逆に反動でバカ食いに走る事があります。ダイエット中でもお菓子の食べ方に気を付けて、食べ過ぎない程度に摂取してもいいでしょう。